腰椎椎間板ヘルニアの予防にもオススメ!ケイ素サプリメント+ビタミン

 

こんな症状でお困りではありませんか?

►腰椎椎間板ヘルニア
►頸椎椎間板ヘルニア
►腰部脊柱管狭窄症
►坐骨神経痛

 

などの症状からくる、腰の痛み、首の痛み、手足のしびれなどに悩まされている方も多いのではないでしょうか。
痛い時に痛みをとるだけで、また再発してしまって、なかなか、これらの症状が改善されない……
なんて方は、痛みのもととなる、椎間板や神経が弱っているのかもしれません。

これを読んで、腰の痛み、首の痛み、手足のしびれなどの原因となるヘルニアの症状をケイ素の力で予防していきましょう。

 

 

◆ヘルニアとは

腰に過度な負荷が掛かりすぎてしまうと耐えられなくなり、椎間板が押しつぶされ、中の髄核が繊維輪を破って外に飛び出してしまいます。この飛び出した髄核がヘルニアと呼ばれ、それが神経を圧迫するようになると下肢に響くような痛みやしびれが起こってしまう、いわゆる「椎間板ヘルニア」になるのです。

 

 

◆腰椎椎間板ヘルニアを普段の生活で気をつけるポイント

①睡眠7時間以上


特に椎間板ヘルニアがある方は、少しでも横になる時間を増やして、椎間板に重力がかかる時間を減らしてあげましょう。そのほうが、椎間板の修復、再生が早くなります。

 

②ぬるま湯に20分浸かる


入浴すると浮力で椎間板への負担が軽減されます。さらに、血流がよくなりガチガチに固まった腰の筋肉をゆるめます。

 

③日頃の姿勢


普段から足を組んでいる人や、パソコン作業中に猫背になっている人は要注意です。
背骨や骨盤が歪んで、腰椎椎間板に大きな負担が掛かるので、そういった悪い姿勢はしないようにしましょう。

 

 

◆ケイ素サプリメントがおすすめ

普段の生活で、睡眠や入浴、睡眠を気をつけることも大事ですが、「仕事が忙しい」「時間がない」などの理由で、なかなか対策ができない方も多いのではないでしょうか。
腰椎椎間板ヘルニア頸椎椎間板ヘルニア腰部脊椎管狭窄症坐骨神経痛に対して、カラダの中からアプローチするにはケイ素サプリメントがおすすめです。

 

ケイ素って何?

ケイ素は別名「シリカ」とも呼ばれ、私たちの肌や髪の毛、細胞壁などさまざまな場所に存在しています。そして、カルシウムやタンパク質といった、私たちの身体を作る成分と結びついて、生成力や再生力を高める機能を持つと考えられています。

 

具体的にケイ素には

・コラーゲン結着力
・神経修復力

といった働きがあります。

 

<コラーゲン結着力>

コラーゲンの結着力が高まることで、椎間板の組織を強くしてくれます。椎間板は背骨の椎骨と椎骨の間にある軟骨でクッションのような役割です。線維輪と髄核で構成されていて、コラーゲンを多く含んでいます。椎間板を構成する大部分のコラーゲンを結着して、クッション性を保ち、ヘルニアの予防につながります。

 

<神経修復力>

傷つけられた神経の修復を図ってくれます。椎間板の外側を覆っている線維輪を破って、髄核が外に飛び出し、神経を傷つけてしまいます。これが、手足などのしびれの原因となっています。ケイ素は、この傷ついた神経を修復する作用を持ち、しびれを解消させます。

 

 

このように、ケイ素のコラーゲン結着力神経修復力によって、椎間板の組織を強くし、傷つけられた神経の修復を図ってくれるため、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛による腰の痛みや、手足のしびれの早期回復に役立ちます!!

 

 

 

ケイ素+ビタミンサプリを今すぐ試してみたい!という方はこちら!! 

 

 

【ケイ素+ビタミンサプリについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください】

 

Facebook にシェア
Pocket

整体院の激ウマ★健康レシピ

  • 東葉食堂

    東葉コンディショニングがおくる 季節の不調を激ウマ料理で乗り切るための健康レシピ。全72メニュー。

ほかのレシピを見る

PAGE TOP ↑